外資系企業の給与計算・社会保険対応なら、社会保険労務士法人国際労務パートナーズにご相談下さい。
HOME  > What's New  > TOP  > 雇用管理に関する個人情報のうち健康情報を取り扱うに当たっての留意事項が改正
アーカイブ | RSS |

雇用管理に関する個人情報のうち健康情報を取り扱うに当たっての留意事項が改正

投稿日時: 2012-06-27 (3538 ヒット)

本年5月14日に「雇用管理分野における個人情報保護に関するガイドライン」(平成24年 厚労告357)が公布され、本年7月1日から適用されることに伴って、関連の厚労省通達「雇用管理に関する個人情報のうち健康情報を取り扱うに当たっての留意事項について」(平16.10.29 基発1029006)が改正されました。
 主な改正点は以下のとおりとなっており、下記URLのサイトから新旧の改正部分を対照して示している通達(平24.6.11 基発0611第1号)が閲覧できます。


(1)事業者が健康診断の実施に当たって、健康診断の実施に必要な労働者の個人 データを医療機関に提供すること等については、労働安全衛生法に基づく事業者の健康診断実施義務を遂行する行為であり、個人情報保護法23条1項1号の
 「法令に基づく場合」に該当し、本人の同意を得なくても第三者提供の制限は受けないこと
(2)特定健康診査および特定保健指導の実施に関する基準2条に定める項目に係る記録の写しについては、医療保険者からの提供の求めがあった場合に事業者が当該記録の写しを提供することは、法令に基づくものであるので、個人情報保護法23条1項1号に該当し、本人の同意なく提供できること

http://mie-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/hourei_seido_tetsuzuki/anzen_eisei/hourei_seido/_100639.html


印刷用ページ 

東京都 港区 社会保険労務士 外資系企業 給与計算 代行 アウトソーシング 社会保険 労働保険 雇用保険 加入 手続き
労務管理 就業規則 作成 変更 外国人 雇用 採用