外資系企業の給与計算・社会保険対応なら、社会保険労務士法人国際労務パートナーズにご相談下さい。
HOME  > コンテンツ  > 業務内容  > 英文諸規程作成

英文諸規程作成

英文就業規則の必要性

労働市場のグローバル化が進行し、外国人の雇用は年々増加しています。外資系企業はもちろんのこと、日本企業においても、社内に外国人社員を抱えるところが増えています。このような企業では、日本語の理解が不十分な外国人社員とのトラブルを防ぐために、英文の就業規則等労務規程を作成することが必要です。

また、外国人の経営者や海外親会社のHR(人事部)に、日本のルールを説明するために必要とされる場合もあります。

就業規則を英文にするには、翻訳会社に依頼して翻訳してもらっても良いのですが、翻訳者は労働法のプロではありませんので、法律面でのチェックが必要になります。

当所では、社会保険労務士とネイティブの専門家と共同で英文諸規程をお作りしています。また、外資系企業のご本社の規則を土台に日本語・英語の規程もお作りしています。

どうぞ、お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ

03-5544-8538(月〜金 9:00〜17:00)

メールでのお問い合わせはお問い合わせフォームをご利用ください。

プリンタ用画面
前
社会保険・労働保険とは
カテゴリートップ
業務内容
次
外国人雇用

東京都 港区 社会保険労務士 外資系企業 給与計算 代行 アウトソーシング 社会保険 労働保険 雇用保険 加入 手続き
労務管理 就業規則 作成 変更 外国人 雇用 採用