外資系企業の給与計算・社会保険対応なら、社会保険労務士法人国際労務パートナーズにご相談下さい。
アーカイブ | RSS |

用語集

  

労働時間・休日・休暇 : 代休

compensatory holiday

休日労働させた後に、その代償措置としてその後の特定の労働日の労働義務を免除するものである。振替休日と違い、休日労働が行われた後に休日を与えるので、当該労働日は休日労働となり割増賃金を支払う義務がある。なお割増賃金の支払は要するが、労働基準法上代休を与える義務はない。


労働時間・休日・休暇 : 振替休日

substitute holiday

あらかじめ就業規則等で休日と定められた日を労働日とし、その代わりに他の労働日を休日とすること。要するに労働日と休日の交換である。休日を振替えたときは、当該休日は労働日となり休日労働には該当しない。振替休日とするには、その旨を就業規則等に定めること、実施の前日までに振替えるべき日を特定することが必要である。


労働時間・休日・休暇 : 法定外休日

non-legal holiday

企業が任意に定める、法定休日を上回る分の休日のこと。この日の労働については休日労働とならず、35%の割増賃金は付加しなくともよい。


労働時間・休日・休暇 : 法定休日

legal holiday

労働基準法35条に定められている休日のこと。この日に、使用者が労働者を労働させる場合は会社側と労働者側の間に36協定が必要となる。また、この日の賃金は休日労働として35%の割増賃金が付加されることになっている。


労働時間・休日・休暇 : 休日

holiday

労働者が労働契約上労働する義務を負わない日。労働基準法35条にいう法定休日と、企業の創立記念日など企業が任意に定める法定外休日がある。労働基準法35条では、使用者は労働者に対して毎週少なくとも1回の休日を与えるか、4週間を通じ4日以上の休日を与えなければならないと定めている。


« 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 9 »

東京都 港区 社会保険労務士 外資系企業 給与計算 代行 アウトソーシング 社会保険 労働保険 雇用保険 加入 手続き
労務管理 就業規則 作成 変更 外国人 雇用 採用